ユニバーサルデザインとは?

 

1-多目的トイレ&親子トイレこんにちは。リフォーム関係の資料や記事を読むと「ユニバーサルデザイン」や「バリアフリー」の表記をよく見かけます。どちらも体の不自由な方をサポートするもの、と何となくイメージされている方も多いのではないでしょうか。

 

今日は、住宅における「ユニバーサルデザイン」と「バリアフリー」の違いについてご説明します。まずは、それぞれの言葉の意味から確認しましょう。

 

ユニバーサルデザイン(Universal Design)…高齢であることや障害の有無などにかかわらず、すべての人が快適に利用できるように製品や建造物、生活空間などをデザインすること。

 

バリアフリー(barrier-free)…障害者や高齢者の生活に不便な障害を取り除こうという考え方。道や床の段差をなくしたり、階段のかわりにゆるやかな坂道を作ったり、電卓や電話のボタンなどに触ればわかる印をつけたりするのがその例。 (出典:デジタル大辞泉)

 

バリアフリーの対象が高齢者や身体の不自由な方であるのに対して、ユニバーサルデザインは障害の有無に関わらず、全ての人がより快適に過ごすことを目的としたデザインであることです。つまり、ユニバーサルデザインの中にバリアフリーも含まれていることになります。

 

家族構成やライフスタイルの変化に伴い、住まいの中の必要なスペース・機能も変化していきます。また住環境を整備することで、より長く在宅での生活が安心安全に過ごせるようになります。私たちアルファリンクスは、誰もが快適に、長く住みやすい家へのリフォームのお手伝いをしています。福祉住環境コーディネーターの資格を持つスタッフが快適な住環境をご提案しますので、お気軽にご相談くださいね。

 

 

2-家族イラスト株式会社アルファリンクス
〒176-0021東京都練馬区貫井2-1-3
TEL 03-3577-5735
編集担当:スタッフI
当社Facebookはこちら
http://bit.ly/24tReuk
~東京都の皆さんの安全安心、耐震補強は私たちに

おまかせください!~
西武池袋線沿線 練馬区・西東京市・所沢市を中心に

リフォーム工事を行っています