【参加レポート】練馬区主催 女性向け防災リーダー育成講座①

受講前に全員が「起震車ねり丸号」 に乗り、熊本地震の震度7を体験!

   受講前に全員が「起震車ねり丸号」
  に乗り、熊本地震の震度7を体験!

こんにちは。以前、ご紹介しました「ねりま防災カレッジ事業:「女性向け防災リーダー育成講座(全3回)」の第1回を受講してきました!

 

今回のテーマは、『災害時の“心の健康の美”』パワフルな女性が約40名集まり、終始賑やかに意見交換を行いました。

 

講師は、練馬区在住で一般社団法人 「MIT」代表の林智意(はやしともえ)さん、資生堂ジャパン(株)CSR部の永井さんのお二人。メンタルトレーナーである林さんの講演では、非日常を日常に変える力は女性の方が男性よりも優れているので、避難所などのマイナス要素しかない場所でもメンタルブロック(行動にブレーキをかけるマイナスの固定概念)を外して、女性目線で声を上げやすい環境を作って行くことの大切!とのお話がありました。年配の男性が指揮を執ることが多かった東日本大震災の避難所では、女性や子供への配慮が足りず、女性であることへの罪悪感に苛まれる方もいらっしゃったとのこと。災害弱者(要配慮者)といわれる高齢者、障害者、乳幼児、妊婦や外国人への支援は、女性目線での配慮が大切だと改めて感じました。

 

講演資料と防災グッズ「レスキューシート」

講演資料と防災グッズ「レスキューシート」

資生堂 永井さんの講演では、非常時の「衛生ケア」、メンタルケアとしてのハンドマッサージ、「備えておきたいアイテム」について紹介がありました。一番役立つ!と感じたのは、体の汚れや匂い対策として、ウェットティッシュを使って頭皮の汚れを取る方法👀 指にウェットティッシュを巻き付け、髪の分け目に押し当ててゴシゴシと指を動かし汚れを拭き取るそうです。(分け目を作り、繰り返す)清涼感のあるボディシートやドライシャンプーを付けたコットンを使用するとメントールの香りでリラックス効果も得られそうです♪

また身体も拭く順番があり、基本は「上から下」へ。
① 顔(Tゾーン・耳の裏) ②首や脇 ③汚れやすい部分(デコルテ・背中・おへそ廻り) ④足 の順番がよいそうです。

 

グループワークでは、共助による防災に取り組んでいる方(町内会役員)や東日本大震災の被災者支援ボランティアをしていた方とお話しする機会があり、区内指定避難所の運営体制や災害時の情報収集・物資調達の方法、東日本大震災被災者の声など貴重なお話を聞くことができました。

 

第2回のテーマは「在宅避難のススメ」と題し、安全に過ごせる部屋づくりを学びます。全3回の中で一番興味がある内容なので、とても楽しみです!

 

☛ 「ねりま防災カレッジ事業」の詳細はこちらをご覧ください。(練馬区HPへ)

 

古い浴室をスタイリッシュなユニットバスにしたい!キッチンをもっと使いやすくしたい!など、アルファリンクスは日常生活の中の○○ならいいな、を実現するお手伝いをしています。経験豊富なスタッフがご予算に合わせてご提案いたします。まずはお気軽にご相談くださいね。

 

 
株式会社アルファリンクス
〒176-0021東京都練馬区貫井2-1-3 TEL 03-3577-5735
編集担当:スタッフI ☛ 当社Facebookはこちら
~東京都の皆さんの安全安心、耐震補強は私たちにおまかせください!~
西武池袋線沿線 練馬区・西東京市・所沢市を中心にリフォーム工事を行っています。