【参加レポート】練馬区主催 第2回女性向け防災リーダー育成講座①

地震発生こんにちは。前回に引き続き、「ねりま防災カレッジ事業:「女性向け防災リーダー育成講座(全3回)」の第2回を受講してきましたのでご報告です!

 

☛第1回「災害時の【心の健康と美】」の参加レポートはこちらをご覧ください。

 

今回のテーマは、『在宅避難のススメ』と題し、安全に過ごせる部屋づくり として今日からできる片付けのルールを学びました。

 

片付け講座の前に阪神・淡路大震災の被災体験談を伺ったのですが、2歳のお嬢さんを連れての被災体験は、同じ母親として胸に迫るものがありました。阪神・淡路大震災では、80%の方が圧死であったとのこと。家族の命をつなぐために“今“何ができるのだろう、と防災・減災意識がさらに高まりました。

 

はじめに練馬区防災課のご担当者から“93.3%”って何の数字だと思いますか?」と問いかけに、「かなり高い率だな」と感じたのですが、なんと熊本地震における熊本市内の在宅避難率とのこと。被害が一番大きかった益城町でも在宅率74%と多くの方が在宅避難を選んだことになります。練馬区の避難拠点は区立小中学校99校となりますが、近隣住民を全て受け入れることは物理的に不可能です。1981年に施工された新耐震基準に準拠して施工された住居にお住まいの方は、倒壊のリスクが低いため概ね在宅避難となると思います。

 

耐震診断バナー2いつ起こるか分からない大地震。「備えなければ」と思いながらも、耐震への一歩を踏み出せないでいる方もいらっしゃると思います。アルファリンクスでは、旧建築基準法の中で建てられた住宅に対する耐震補強レベルの無料耐震診断を始め、皆様の住まわれているご自宅の耐震に対する不安を取り除くための相談を受け付けています。経験豊富なスタッフがご予算に合わせてご提案しますので、お気軽にご相談くださいね。

 

💡練馬区ミニ情報
大規模災害時は携帯電話・固定電話による通信が大きく制限されます。もし近くに公衆電話が見つからなかったら、区立小中学校へ。災害時優先電話回線が各校3本あるそうです。

 

次回は、(一社)実家片付け整理協会の渡部亜矢さんによる、「備蓄と防災視点の整理整頓術」を通して、在宅避難への備えについて、考えていきたいと思います。

 

 

株式会社アルファリンクス
〒176-0021東京都練馬区貫井2-1-3 TEL 03-3577-5735
編集担当:スタッフI  ☛ 当社Facebookはこちら
~東京都の皆さんの安全安心、耐震補強は私たちにおまかせください!~
西武池袋線沿線 練馬区・西東京市・所沢市を中心にリフォーム工事を行っています。