【災害に備えよう】安否確認のための災害伝言板

1-高齢者スマホ利用こんにちは。毎月1日、15日は携帯各社「災害用伝言板」無料体験サービス日* です。災害時は電話が繋がりにくく、家族の安否確認に時間が掛かります。東日本大震災の時に福島にいる家族と電話連絡が取れたのは地震発生から13時間後の翌朝4時過ぎでした。

 

大きな災害が発生すると、被災地に電話が殺到し、通信回線が大変混雑します。さらに通信キャリア側が通信回線(3G/LTE回線)に制限を掛けるために電話が繋がりにくくなります。

 

そんな時にオススメなのが、NTT(東西)提供の「災害用伝言ダイヤル(171)」と携帯各社が連携して提供する「災害用伝言板」です。


*災害用伝言板 無料体験サービス日 <携帯各社共通>

「正月三が日」、「毎月1日・15日」、国の「防災週間<8月30日~9月5日>」、「防災とボランティア週間<1月15日~21日>」に「災害用伝言ダイヤル(171)」、「災害用伝言板(web171)」、
(伝言の確認はPC等からも行うことができます。)


1. 「音声」で伝言を登録・確認する「災害用伝言ダイヤル(171)」

高齢のご家族などメールやSNSを使用していない方の安否確認にオススメなのが、「災害用伝言ダイヤル(171)」です。ご自宅の固定電話または携帯電話から直接「171」にダイヤルし、音声ガイダンスに従って、伝言の登録・確認を行います。詳しくは、NTT東日本さんのウェブサイトをご確認くださいね。

 

☛災害用伝言ダイヤル(171)の基本的操作方法(NTT東日本のウェブへ)

 

2. 「文字」で伝言を登録・確認する「災害用伝言板」

登録する安否(状況)の選択肢(□無事です □自宅にいます など)が設定されているので、混乱時でもご自身の安否を正確に登録でき、伝言欄には100文字程度入力できます。震度6以上の地震など、大きな災害が発生した場合に携帯各社のネット上に緊急開設されます。詳しくは、電気通信事業者協会作成の操作一覧をご確認くださいね。

 

2-各社トップページ

 

☛携帯各社の災害用伝言板の操作一覧(電気通信事業者協会のウェブサイトへ)

 

災害用伝言板を使ってみよう!!

利用方法および体験サービスについて、各社ウェブサイトでご紹介しています。

この機会に、ぜひ利用方法を確認しておいてくださいね♪

 

◇NTTドコモ  ◇KDDI(au) ◇ソフトバンク  ◇ワイモバイル 

 


👀 災害用伝言板FAQ:電話が繋がらない災害時、災害用伝言板はどうして使えるの?
災害用伝言板は、専用の大容量サーバーを持ち、回線がパンクしにくいデータ通信を使っているので電話がつながらないときでも、スムーズに安否を確認、登録することができます。(KDDIウェブサイトより抜粋)


 

次回は、格安スマホユーザー向けの安否確認サービス「災害用伝言板(web171)」「j-anpi安否情報まとめて検索」をご紹介します。

 

アルファリンクスは、建設業者として『耐震対策』 による防災・減災を推奨しています。
いつ起こるか分からない地震、震災に備えて、お客様と一緒に耐震対策の必要性を考え、ご家族の命を守るために「今できること」をご提案しています。まずはお気軽にご相談くださいね。(担当:平石、宇都宮まで)

 

👀 費用を抑えた「部分的な耐震補強」 とは?

 

💡 練馬区の戸建住宅の耐震改修工事等の助成制度(練馬区のウェブへ)

 

 

株式会社アルファリンクス
〒176-0021東京都練馬区貫井2-1-3 TEL 03-3577-5735
編集担当:スタッフI 当社Facebookはこちら http://bit.ly/24tReuk
~東京都の皆さんの安全安心、耐震補強は私たちにおまかせください!~
西武池袋線沿線 練馬区・西東京市・所沢市を中心にリフォーム工事を行っています