【身を守ろう】準備しておきたい防災グッズ➀~命を守るための防災グッズ~

2-グッズこんにちは。前回ご紹介した今すぐできる日常生活の工夫に

引き続き、今回は防災グッズについてご紹介します。

 

防災グッズは、災害発生時に命を守るための防災グッズを選び、
次に避難時や避難生活で必要な防災グッズを選ぶことが基本と
されています。

 

今回は、命を守るための防災グッズをご紹介します。

 

■□■命を守るために必要なもの■□■
まず準備しておきたいものは、災害発生直後に必要となる物を詰め込んだ緊急時用グッズです。
・懐中電灯(スマホ)、手袋、スリッパ、ホイッスル、救急セット、眼鏡、常用薬等
→常に手に届く範囲に置いておく

 

次に準備しておきたいものは、非常用持ち出し袋です。
・水や非常食、雨具、手袋、マスク、ヘッドライト、ハザードマップ、スマホやラジオ(充電器・充電池・バッテリー)、レジ袋、下着、携帯式トイレ、身分証明書や緊急連絡先、リュックサック等
→家族全員が出入りでき、簡単に取り出せる場所に置いておく

 

※どちらも重すぎて持ち出せないと困るので、家族みんなが持ち出せる重さにしておくことが重要です。

 

では実際にグッズを準備するとなると、時間と労力を必要とし、なかなか行動には移せないというのが現状ですよね。そこで、いくつか人気の防災グッズをご紹介します。

 

☆防災セットラピタシリーズ☆
内閣府・防災推進協議会 防災安全協会認定で『防災推奨品』として認定。

ラピタ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

テントにも利用されている高品質のターポリン素材のリュック。防水性が非常に高く雨の日の避難でも安心。1人用・二人用・キッズ用もあり、お子さんだけでも持ち出し可能です。

☛セット内容の詳細はこちらをご覧ください。

 

☆地震対策30点避難セット☆
被災者の声を元に消防士が厳選した防災グッズ!機能とデザイン性が評価され、グッドデザイン賞を受賞。

30点セット

 

 

 

 

 

 

 

 

 

火災時の延焼を防ぐ防炎素材を使用。スタイリッシュなデザインで、カラーバリエーションも豊富です。

☛セット内容の詳細はこちらをご覧ください。
☆山善 防災バック30☆
一時避難用として販売されている商品です。飲み水や食料はなく、緊急時に役立つグッズが30点入っています。

防犯グッズ3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☛セット内容の詳細はこちらをご覧ください。

 

 

緊急時用グッズも非常用持ち出し袋の中身は、ほとんどが家庭にあるものです。ただ、別々の場所にしまってあり、いざという時にかき集めなければいけないのが現状です。この機会にひとつにまとめて、いつ起こるか分からない災害に備えておきたいと思います。

 

次回は、避難生活で必要な防犯グッズについてご紹介したいと思います。

 

☛練馬区は戸建住宅の耐震改修工事等の助成を行っています。詳細はこちらをご覧ください。

 
耐震改修相談会
耐震改修工事費用の助成制度や建築物に関する相談に、練馬区建築設計事務所協会の建築士などがお答えします(要予約)。
日時:10月20日(土)午後1時から午後4時の間の30分間
場所:石神井庁舎5階
申込:☎03-5984-1938 耐震化促進係 10月19日(金)まで

 
アルファリンクスでは、建設業者として『耐震対策』による防災・減災を推進しています。
いつ起こるか分からない地震、震災に備えて、お客様と一緒に耐震対策の必要性を考え、ご家族の命を守るために「今できること」をご提案しています。まずはお気軽にご相談ください。(担当:平石、宇都宮まで)

 

 

株式会社アルファリンクス
〒176-0021
東京都練馬区貫井2-1-3
TEL 03-3577-5735
☛ 当社Facebookはこちら http://bit.ly/24tReuk
~東京都の皆さんの安全安心、耐震補強は私たちにおまかせください!~
西武池袋線沿線 練馬区・西東京市・所沢市を中心にリフォーム工事を行っています。