【身を守ろう】準備しておきたい防災グッズ➁~避難生活で必要な防災グッズ~

3-備蓄品こんにちは。前回に引き続き、今回は避難生活に必要な防災グッズをご紹介したいと思います。

 

☛前回ご紹介した、準備しておきたい防災グッズ➀~命を守るための防災グッズ~もぜひご覧ください。
■□■避難生活に必要なもの■□■
災害発生時に、避難者支援が本格化するまでの72時間(3日間)をできるだけ快適に過ごすために準備するのが備蓄品(被災後3日間用)です。
・水と食料、下着の着替え、折り畳み式水タンク、日用品、衛生グッズ、携帯式トイレ、キャリーケース

 

〈水〉6L/人(1日2L×3日=6L)です。2Lのペットボトルだと衛生面が気になるので、500mlのペットボトルが良いとされています。

 

〈食料〉缶パンや缶詰、発熱剤付の非常食などを3日分。また、避難生活によるストレスを軽減するため、チョコレートやコーヒーなどの嗜好品もあるといいですね。

 

〈下着〉2着ずつ準備しておきます。衣類圧縮袋に入れてなるべくコンパクトに!寒い時期に被災することを想定し、タイツやスパッツなどもあるといいですね。

 

〈折り畳み式水タンク〉容量も大きく使わない時はかさばらないのでひとつ用意しておくと安心です。
☛以前ご紹介した【便利グッズ】~災害時に生活水を確保する~もご覧ください。

 

〈日用品〉被災経験のある方の「あって良かった・なくて困ったもの」は以下の通り。
・トイレットペーパー・紙の食器・歯磨き・はさみ・ラップ・荷造りひも・万能ナイフ ・枕・アイマスク(防光用)・イヤホン(防音用)・使い捨てカイロ・帽子
どれもご家庭にあるものですね。いざという時に、ひとつの袋にまとまっていれば安心です!

 

〈衛生グッズ〉避難生活が長引くほど、衛生面の管理が大切になります。被災経験のある方の「あって良かった・なくて困ったもの」は以下の通り。
・除菌スプレー・ドライシャンプー・噛む歯磨き・ウェットティッシュ・おしりナップ・レジ袋
ドライシャンプーや噛む歯磨き等は家にあるという方は少ないと思います。これを機に私も購入しておこうと思います!

 

〈携帯式トイレ〉3日分準備しておくと安心とされています。大人の場合は21回分(1日7回×3日=21回)。
4人家族の場合は、21回分×4人分=84個です。84個携帯式トイレを準備しておくのは…と正直思ってしまいました。3日分とは言わず、まずは1日分だけでも準備しておきたいですね。

 

〈キャリーケース〉段ボールやショルダーバッグ、リュックサックに家族分の備蓄品をしまうと持ち運びが大変なので、キャリーケースに入れておく。                                                       (参考資料:防災ノート)

 

 

備蓄品を列挙しましたが、家族分全てを準備するのは大変ですし、保管場所等を考えると難しいですよね。まずは、子どもやご高齢の家族分を優先し、少しでも被災時のストレスが軽減できるよう備えたいですね。

 

次回は、台風発生前に準備できることについてご紹介したいと思います。

 

☛練馬区は戸建住宅の耐震改修工事等の助成を行っています。詳細はこちらをご覧ください。

 

 

耐震改修相談会
耐震改修工事費用の助成制度や建築物に関する相談に、練馬区建築設計事務所協会の建築士などがお答えします(要予約)。
日時:10月20日(土)午後1時から午後4時の間の30分間
場所:石神井庁舎5階
申込:☎03-5984-1938 耐震化促進係 10月19日(金)まで
アルファリンクスでは、建設業者として『耐震対策』による防災・減災を推進しています。
いつ起こるか分からない地震、震災に備えて、お客様と一緒に耐震対策の必要性を考え、ご家族の命を守るために「今できること」をご提案しています。まずはお気軽にご相談ください。(担当:平石、宇都宮まで)

 

 

株式会社アルファリンクス
〒176-0021
東京都練馬区貫井2-1-3
TEL 03-3577-5735
☛ 当社Facebookはこちら http://bit.ly/24tReuk
~東京都の皆さんの安全安心、耐震補強は私たちにおまかせください!~
西武池袋線沿線 練馬区・西東京市・所沢市を中心にリフォーム工事を行っています。