【耐震補強】屋根の軽量化について

住宅の耐震化といっても実は色々な方法があります。

今回はその1つ、屋根の軽量化についてです。

 

なぜ屋根を軽くするだけで耐震につながるのか?

「・・・」と皆さんはお思いになられたでしょう。

 

それでは、いちど一般的な屋根の重さを計算してみましょう。

一般的な屋根と言っても材料は様々あります。

ここでは代表的なものとして3種類に分け、比較していきましょう。

 

例えば、30坪2階建ての住宅で屋根が15坪(約50㎡)だとします。

 

1 金属系屋根(ガルバリウム鋼板等)        

5kg/㎡ × 50㎡ =250kg

画像提供:アイジー工業株式会社 商品名:ガルバルーフ

 

 

 

 

画像提供:アイジー工業株式会社

商品名:スーパーガルテクト

 

 

2 スレート屋根(コロニアル等)

20kg/㎡ ×50㎡ =1000kg→1トン!

画像提供:株式会社ケイミュー 商品名:レイシャスグラッサ

 

 

 

画像提供:株式会社ケイミュー

商品名:レイシャスグラッサ

 

 

3 瓦屋根

60kg/㎡ ×50㎡ =3000kg→3トン!!!

瓦屋根

 

・・・どうでしょうか?

 

屋根、と言っても金属系屋根と瓦屋根とでは重量に大きな差があるのが一目瞭然ですね。

きちんとメンテナンスをしていれば、普段の生活では問題はありませんが

地震災害時は家の構造に大きな衝撃がかかりますので、屋根の重さで潰れてしまう・・・

そういった危険があることがお分かりいただけたと思います。

 

この危険性をある程度簡単に減らしていきたい!

というのが屋根の軽量化なのです。

壁の耐力を増加させる工事などは住みながらになってしまうため、

お客様にとっても意外なストレスになりがちですが、

屋根の葺き替えであれば屋根だけを工事する為、

生活のリズムが大きく崩れることは少ないです。

 

屋根の葺き替えは建物のメンテナンスとしても定期的に必要な工事になりますので、

重い屋根を撤去して、軽い屋根に変えてみるのもよいのではないでしょうか?

 

 

株式会社 アルファリンクス
本社 〒176-0021
東京都練馬区貫井2-1-3
TEL 03-3577-5735
当社Facebookはこちら
http://bit.ly/24tReuk

編集担当:H