【パネル展示】建築家の光熱費の節約術 ② ~リフォーム相談会~

地球と仲間こんにちは。前回は、日々の生活の中で光熱費を抑える方法についてお伝えしました。今回は、「エコ住宅」という視点で、光熱費の節約術を考えていきたいと思います。

 

例えば、電気代の多くを占める冷暖房費。

築古住宅では断熱材が入っていても保温性が低く、暖房を入れても温かくならない、というケースもあります。住まいの断熱性を向上させ、冷暖房の効きをよくすることで光熱費を抑えることができます。この断熱工事では、外気と接する床・壁・天井・屋根に高性能断熱材の施工、内窓(2重サッシ)設置を行います。室内の保温性も向上するので、冷暖房使用頻度を下げ、効率的に室温調整をすることができるようになります。また、室内の温度差が少なくなることでヒートショック*を予防できるので、高齢者のいるお家にオススメのリフォーム工事です。

 

*ヒートショック…急激な温度の変化がもたらす身体への悪影響のこと。急激な温度変化により、血圧が大きく変動することで、脳出血や心筋梗塞、脳梗塞などの深刻な疾患に繋がる危険性がある。

 

その他にも遮熱鋼板+特殊塗料で温度上昇を抑える建材を使った屋根の葺き替えでも冷暖房費を抑えることもできます。また、節水機能を備えた衛生設備機器(トイレ、システムキッチン、洗面台など)も多くありますので、リフォームすることで月々の水道代を抑えることができます。最新設備に入れ替えることで、室内の雰囲気が明るくなったり、より快適な生活を送ることでできるのもいいですね♬

 

国土交通省主導によるエコ推進事業もあり各メーカーが省エネルギー性能の高い高機能建材の開発に力を注いでいます。それに伴い、「住宅ストック循環支援事業補助金」の予算が平成281011日に成立しました。

 

◇対象工事◇

1.開口部の断熱改修(ガラス交換、内窓設置、外窓交換、ドア交換)住まいと電気

2.外壁、屋根・天井または床の断熱改修

3.設備エコ改修(エコ住宅設備のうち、3種類以上を設置する工事)

【エコ住宅設備】

太陽熱利用システム、節水型トイレ、高断熱浴槽、高効率給湯器、節湯水栓

 

◇申請条件◇

工事期間:平成291231日完工分まで

申請期間:平成29630日まで

 

→本助成に関する詳細はこちらをご覧ください。

 

11月26日、27日開催のリフォーム相談会では、エコリフォームによる節約術についてパネル展示を行います。

助成金についてもお気軽にご相談ください。

 

パネル展示のほかに、無料耐震セミナー、システムキッチンの実物展示、天然酵母パン&お花の販売も行っています。皆さまのご来場をスタッフ一同、心よりお待ちしております。

 

11月26日、27日開催、リフォーム相談会の詳細情報は、こちらPDF)をご覧ください。

 

会場地図

会場地図

<リフォーム相談会会場>

株式会社アルファリンクス
176-0021東京都練馬区貫井2-1-3

(西武池袋線中村橋駅 徒歩3分)
TEL 03-3577-5735  

~東京都の皆さんの安全安心耐震補強は私たちにおまかせください!~当社Facebookはこちら
http://bit.ly/24tReuk