東日本大震災から6年~防災について考える~

こんにちは。東日本大震災から6年が経ち、3月11日には各地で追悼・復興イベントが開催されました。娘の通う幼稚園でも避難訓練が行われ、防災について家族で話し合う機会となりました。この週末に非常袋や備蓄の確認をされた方も多いのではないでしょうか。

 

最近では、おしゃれな防災グッズが多くあり、とても驚かされます。例えば、ソーラー充電式のLEDライト「ソーラーパフ」。主にアウトドアショップで取り扱いのある同製品ですが、洗練されたデザインなのでインテリアとしても普段使用ができそうです。

 

折り紙のように畳めるランタン(画像元:ランドポート株式会社)

折り紙のように畳めるランタン 画像元:ランドポート(株)

本製品は、ハイチ救済として環境問題と世界の貧困問題の研究活動をしている米国コロンビア大学教授Alice Min Soo Chun氏が電気のない被災地に明かりを届けるべく開発されました。同氏は、省スペースに大量梱包できる同製品の開発により、「明かり」を被災地へ効率的に輸送することを可能にしました。

どんな商品にも開発ストーリーがありますが、防災を考えた今、被災地支援として開発された本商品に購買意欲を掻き立てられました!

 

2.間接照明

画像元:ランドポート(株)

3.BBQ

インテリアとしてもオススメ!

◇ソーラーパフの特長◇
1.コンパクトに折りたためる!
2.丈夫で防水!
3.ソーラー充電でエコ

 

詳しい製品情報はこちらをご覧ください。

 

 

いつ使うか分からない防災グッズを買い集めるより、災害時にも役立つものを普段から手元に置いておくことが非常時の安心に繋がりそうですね。


2016年は4月の熊本地震(最大震度7)、6月北海道 内浦湾(最大震度6弱)、10月鳥取中部地震(最大震度6弱)、11月和歌山南部(最大震度4)、福島沖地震(最大震度5弱)と震度4以上の地震が188回発生しました。(2015年の44件と比べ、なんと4倍以上に増加

 

公的な2017年の地震予測などは発表されていませんが、いつ発生するか分からない地震だからこそ、事前に備えることが防災・減災に繋がります。

 

どの地域に住んでいても、地震、震災と向き合っていかなければなりません。 まずは、ご自宅の状態を把握することが大切です。私たちアルファリンクスは、建築のプロとして耐震対策の必要性・ご家族の命を守るために「今できること」をお客様と一緒に考えていきたいと思います。

 

きちんと耐震補強を行っていれば「ここにいれば大丈夫」という安心感を得ることができます。
この機会にぜひ、耐震化への一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。

 

ただいまアルファリンクスでは、無料で耐震診断を実施しています。(平成29年3月現在)
大規模な耐震補強の他に、費用を抑えた部分的な耐震補強という選択もありますので、まずはお気軽にご相談ください。(担当:平石)

 

☛ 部分耐震化の詳細はこちらの記事をご覧ください。

☛ 練馬区の戸建住宅の耐震改修工事等の助成に関する詳細はこちらをご覧ください。(練馬区のウェブへ)

 

 

4.家の点検株式会社アルファリンクス
〒176-0021
東京都練馬区貫井2-1-3
TEL 03-3577-5735
編集担当:スタッフI
当社Facebookはこちら http://bit.ly/24tReuk
~東京都の皆さんの安全安心、耐震補強は私たちにおまかせください!~
西武池袋線沿線 練馬区・西東京市・所沢市を中心にリフォーム工事を行っています。