助成金に関して

1-対象設備金額
2018年04月03日

【練馬区】再生可能エネルギー・省エネルギー設備設置補助制度

こんにちは。3/21発行の区報にて、『練馬区再生可能エネルギー・省エネルギー設備設置補助制度』が発表されましたので、ご案内します。   アルファリンクスでは、今回の補助対象となる給湯器の交換工事、LED照明の交換工事、窓の断熱改修工事の実績が多くあります。本申請のお手伝いまで対応させていただきますのでお気軽にご相談くださいね。 練馬区は、分散型エネルギー社会の推進に向け、住宅や事業所に太陽光発電設備や家庭用燃料電池システムなどの設備を設置した方に、抽選で費用の一部を助成します。   <住宅用> ▶対象:区内在住で自らが居住している住宅に対象設備を設置した方 <事業者用> ▶対象:区内の事業所で事業に用いるために対象設備を設置した、次の①②のいずれかに当てはまる事業者 ① 区内に本店または支店などの登記をしている従業員20名以下の法人 ② 区内在住の個人事業主 <管理組合用> ▶対象:区内の集合住宅に対象設備を設置した管理組合   ◆対象設備の種類・補助上限額     ◆申込期間     ☞本助成制度の詳細はこちらをご覧ください。(練馬区のホームページへ)   古い浴室をスタイリッシュなユニットバスにしたい!キッチンをもっと使いやすくしたい!など、アルファリンクスはお住まいの○○ならいいな、を実現するお手伝いをしています。経験豊富なスタッフが快適な住環境をご提案いたします。まずはお気軽にご相談ください。     株式会社アルファリンクス 〒176-0021東京都練馬区貫井2-1-3 TEL 03-3577-5735 編集担当:スタッフI 当社Facebookはこちら http://bit.ly/24tReuk ~東京都の皆さんの安全安心、耐震補強は私たちにおまかせください!~ 西武池袋線沿線 練馬区・西東京市・所沢市を中心にリフォーム工事を行っています  

2018年01月10日

【練馬区の住宅に関する助成金】窓の断熱リフォームや給湯器交換をご検討されている方へ

練馬区再生可能エネルギー・省エネルギー設備設置補助制度を活用して、お得に窓の断熱リフォーム、給湯器交換ができるのは今月末までの工事が対象です!既に見積請求済みなど具体的にご検討されている方は、お見逃しなく!   練馬区では、再生可能エネルギー・省エネルギー対策の一環として、太陽光発電設備や家庭用燃料電池システムなどの再生可能エネルギー設備、省エネルギー機器を設置した区民・事業者・管理組合に、設置費用の一部を補助しています。   ◇補助対象設備・交付対象者・補助金額◇   ◇申請期間◇ 設備設置日:平成29年11月14日~平成30年1月31日 申請期間:平成29年12月1日~平成30年2月28日 抽選日:平成30年3月15日 *申請額が設定した予算額を超えた場合には、抽選により補助対象者を決定します。   【オススメポイント1】本助成制度は、国・東京都の補助制度と併せて申請できます。申請要件を満たす方は申請忘れのないようご留意くださいね。   【オススメポイント2】本助成制度は、マンション等の管理組合も補助金交付対象となります。例えば、共用部分LED照明の交換工事、窓の断熱改修にも上限20万円が助成されます。 ☛練馬区再生可能エネルギー・省エネルギー設備設置補助制度 設備ごとに申請要件が異なりますので、詳細は本ウェブサイトをご確認ください。   💡 来年度の助成については、3/21発行「ねりま区報」にて案内するそうです。平成18年から続く助成制度なので、来年度も継続の可能性が高そうです 今月末までの工事は無理!!という方は、来年度の工事に向けて見積依頼など今から準備を進めておくと安心ですね♬   古い浴室をスタイリッシュなユニットバスにしたい!キッチンをもっと使いやすくしたい!など、アルファリンクスはお住まいの○○ならいいな、を実現するお手伝いをしています。経験豊富なスタッフが快適な住環境をご提案いたします。まずはお気軽にご相談ください。   株式会社アルファリンクス 〒176-0021東京都練馬区貫井2-1-3 TEL 03-3577-5735 編集担当:スタッフI 当社Facebookはこちら http://bit.ly/24tReuk ~東京都の皆さんの安全安心、耐震補強は私たちにおまかせください!~ 西武池袋線沿線 練馬区・西東京市・所沢市を中心にリフォーム工事を行っています

2017年06月27日

【朗報】申請期間追加!住宅ストック循環支援制度(エコリフォーム)

こんにちは。昨年末にスタートしました国土交通省主導の「住宅ストック循環支援事業補助金」交付申請書の郵送受付期間(第3回:8月1日~9月7日)が追加されました!   8月中のご発注であれば、第3回の申請に間に合いますので、ぜひエコリフォームをご検討くださいね。(但し、予算消化次第受付終了となりますのでお早めに!) ※申請手続きは、本事業の登録業者である弊社が行います。   助成金の対象となるリフォーム工事を以前の記事でご紹介していますので、ぜひご参考くださいね。   ◇住宅ストック循環支援事業補助金の対象工事◇ 1.開口部の断熱改修(ガラス交換、内窓設置、外窓交換、ガラスドア交換)   ☛開口部の断熱リフォーム記事はこちら。   2.外壁、屋根・天井または床の断熱改修  *一定の使用量以上の断熱材を使用   ☛天井の断熱リフォーム記事はこちら。 ☛内壁の断熱リフォーム記事はこちら。   3.設備エコ改修(エコ住宅設備のうち、3種類以上を設置する工事) 【エコ住宅設備】 太陽熱利用システム・節水型トイレ・高断熱浴槽・高効率給湯器・節湯水栓設置   ☛節水型トイレのリフォーム記事はこちら。    4.上記1~3工事+バリアフリー改修(手摺の設置・段差解消・廊下幅などの拡張)   ※1~3の工事は住宅ストック循環支援事業事務局に登録された指定商品を採用した工事のみが対象です。エコリフォーム対象商品一覧はこちらをご覧ください。 また耐震改修工事を行うことで上記1~4のいずれかの工事の助成金にプラス15万円の助成金を受け取ることができます。   ◇第3回 申請条件◇  申請期間:平成29年8月1日~9月7日 郵送必着 工事期間:平成29年12月31日完工・完了報告郵送必着   →本助成に関する詳細はこちらをご覧ください。   古い浴室をスタイリッシュなユニットバスにしたい!キッチンをもっと使いやすくしたい!など、アルファリンクスは日常生活の中の○○ならいいな、を実現するお手伝いをしています。経験豊富なスタッフがご予算に合わせてご提案いたします。まずはお気軽にご相談くださいね。       株式会社アルファリンクス 〒176-0021東京都練馬区貫井2-1-3 TEL 03-3577-5735 編集担当:スタッフI 当社Facebookはこちら http://bit.ly/24tReuk ~東京都の皆さんの安全安心。耐震補強は私たちにおまかせください!~ 西武池袋線沿線 練馬区・西東京市・所沢市を中心にリフォーム工事を行っています。

2016年12月22日

【お知らせ】エコリフォームで最大30万円の助成金決定!~住宅ストック循環支援制度~

こんにちは。この度、アルファリンクスは国土交通省主導の「住宅ストック循環支援事業補助金」交付を受けるための事業者登録を行いました。この登録を行うことで、助成金を活用したエコリフォームを請け負うことができます。予算がなくなり次第終了となりますので、これを機会にぜひエコリフォームを検討してみてくださいね。   ◇住宅ストック循環支援事業補助金の対象工事◇ 1.開口部の断熱改修(ガラス交換、内窓設置、外窓交換、ガラスドア交換) 2.外壁、屋根・天井または床の断熱改修  *一定の使用量以上の断熱材を使用 3.設備エコ改修(エコ住宅設備のうち、3種類以上を設置する工事) 【エコ住宅設備】 太陽熱利用システム・節水型トイレ・高断熱浴槽・高効率給湯器・節湯水栓設置 4.上記1~3工事+バリアフリー改修(手摺の設置・段差解消・廊下幅などの拡張)   ※1~3の工事は住宅ストック循環支援事業事務局に登録された指定商品を採用した工事のみが対象です。 エコリフォーム対象商品一覧はこちらをご覧ください。   また耐震改修工事を行うことで上記1~4のいずれかの工事の助成金にプラス15万円の助成金を 受け取ることができます。   ◇申請条件◇ 申請期間:平成29年6月30日まで 工事期間:平成29年12月31日完工・完了報告 →本助成に関する詳細はこちらをご覧ください。   本エコリフォームに関するお問い合わせは、 担当:平石(ひらいし)までお気軽にご相談ください。     株式会社アルファリンクス 〒176-0021東京都練馬区貫井2-1-3 TEL 03-3577-5735   編集担当:スタッフI 当社Facebookはこちら http://bit.ly/24tReuk ~東京都の皆さんの安全安心。耐震補強は私たちにおまかせください!~  

$logo_alt
2016年05月24日

練馬区の戸建住宅の耐震改修工事等の助成について

// 助成対象 昭和56年(1981年)5月以前に建築された、現在の耐震基準を満たさない住宅 下記の書類が必要となります。 ・木造住宅では昭和56年5月以前の建築を確認できる書類 ・木造以外では昭和56年5月以前の建築確認を取得したことが証明できる書類 建築物におおむね違反がないこと 助成を申込むには当該住宅におおむね違反がないことが必要です。 無料簡易耐震診断時に作成した調査票でご確認できます。 無料簡易耐震診断をうけない場合は、所定の建築物調査結果報告書を作成して提出して下さい。 住宅が助成禁止区域に入っていないこと 都市計画などにより建築制限のある一部の区域では、助成対象外となることがあります。 住民税等を滞納していないこと 助成を申込むには住民税等を滞納していないことが必要です。 練馬区以外に住民税等を納付している場合は、納税証明書等(最新のもの)を提出してください。 住宅が練馬区内にあること 所有者の居住の用に供されている住宅であること 住宅の所有者自らが居住している住宅が対象となります。 貸家などは対象となりません。 また、居住している住宅部分が延べ面積の半分以上を占めているものに限ります。 // 助成金額 耐震診断(一般診断又は精密診断) 費用の3分の2で8万円が限度 実施設計 費用の3分の2で22万円が限度 耐震改修工事 費用の3分の2で100万円が限度 ※注)世帯全員の所得合計が一定以下でそれを証明できる方の場合、費用の5分の4で120万円が限度となります。 120万円助成を受ける場合の所得基準 世帯人数 所得基準 1人の場合 3,216,000円以下 2人の場合 3,596,000円以下 3人の場合 3,976,000円以下 4人の場合 4,356,000円以下 以下、1人増えるごとに380,000円を加算表中の金額は、「給与所得の方は給与所得控除後の金額」「事業等所得の方は必要経費を差し引いた後の金額」「公的年金を受けている方は公的年金等控除を差し引いた金額」です。 ※所得金額は確定申告の控えや、納税証明書、非課税証明書などで確認することができます。 耐震改修工事(練馬区緊急道路障害物除去路線沿い) 費用の5分の4で120万円が限度 ※注)地震発生時に閉塞を防ぐべき道路として、練馬区地域防災計画に位置づけられる緊急道路障害除去路線のうち、避難拠点から幅員8メートル以上の道路に到達する距離が150メートルを超える路線(その他に高さによる条件があります。) // 平成22年7月1日から、一般診断法も助成対象となっています。 これまでは、耐震補強等の必要性の判定および合理的な耐震補強設計を実施するために精密診断法のみを助成対象としていました。一般診断法は耐震補強等の必要性の判定を目的とした方法であり、必ずしも補強を前提としない診断方法です。 一般診断法および精密診断法は木造の建築物を対象とした診断方法です。 耐震診断を実施する場合は、よく診断業者とご相談のうえ、一般診断法または精密診断法のどちらかを選択して下さい。 詳しくはこちら。

助成金による費用の削減で耐震補強リフォームの負担はかなり減らすことが可能です

法律が改正され、助成金をうまく活用することで耐震補強を含むリフォームはかなり費用面でのご負担を削減できるようになりました。まだまだ一般的な認知度も低く、ご存じない方もおおい制度かもしれません。ですが、この助成金を活用しない手はありません。どうすれば実際に助成金が降りるのか、手続きはどういったものなのかなど、助成金に関する情報をこちらのページにてお伝えしてまいります。費用面での負担はかなり軽減されますので、耐震補強やリフォームをお考えのお客様は練馬区の方に限らずぜひご確認いただきたい内容です。