ブログ

$logo_alt
2016年08月17日

【社員リレーブログ】お客様とプランニングをしていて思うこと①

建築の仕事を始めて15年ほどたち、ともすれば、色々なお客様と触れ合う機会がございます。 新築でもリフォームでも、プランの相談をしているときに、皆様がおっしゃる事があります。 「いつも気にしてなかったけど、変に気になって見ちゃうのよねぇ」 壁紙を選んでいるときは、出かけた先のお店や友人宅の壁紙を、外壁や屋根を選んでいるときは、 いつも通る道の周りの建物を、じっくり見てしまう。   そして、気にしてなかったけど、あの壁紙の組み合わせもおしゃれだね、とか、 あんなところにあんな建物が建っていたのね!など。いつもの場所でも、いつもと違って見えてくるんですね。 皆様ご自宅のことなので、真剣!でも楽しそうで、こちらも笑顔になります。   ご自宅を工事するということは、いつもの生活にやらなければいけないことが増えるということになります。 でも、大変なはずなのに、つい楽しくて時間が経ってしまう、そんな風に打合せを重ねて、 出来上がったご自宅を見ていただいたときに「おーーー!すごい!」と喜んでいただけたら、 そんなことを考えながら、仕事をしています。   まだまだ未熟で、もっとこうしたらよかったと思い返すこともありますが、 これからもベストを尽くして参ります。   株式会社 アルファリンクス 本社 〒176-0021 東京都練馬区貫井2-1-3 TEL 03-3577-5735 当社Facebookはこちら http://bit.ly/24tReuk 担当:設計室H  

2016年08月10日

【施工事例】限られた空間に理想の店舗兼住宅を実現!

施工面積:70.09㎡ 施工金額:2500万 工事期間:約3ヶ月 構造:木造 家族構成: ご夫婦・息子さんの3人 ポイント:理容室との併用住宅なので、限られた空間を最大限に利用することを考えました。お客様からも仕事と生活空間の距離感がちょうど良いととても喜んでいただいております 耐震対策:屋上利用ということもあり、1階の強度は一般的な住宅より安全率(存在壁量/必要壁量)を高めに設定しております。1階道路面は開口が多いので、強度を確保するために何度も耐震設計を行い、最終的に耐震性が高くバランスの良い建物にすることができました。           限られた空間でのLDK 使いやすさと心地よさを両立し、階段をオープンにすることで空間の広がりを持たせました。 水回りを2階に集約し、利便性の向上とコストダウンを実現できました。 キッチンも使いやすく掃除が楽だと大変ご好評いただいております。       本敷地は防火地域*という地域に該当し、基本的には耐火建築物にする必要がありますが、木造で耐火建築物を作るのは大変難しく現実的ではありません。 ただし、防火地域でも2階建てで、100㎡以下の容積とすることで、準耐火建築物とすることができます。 準耐火建築物であれば、木造でも十分立てることができます。オーナー様からは、正式に建築確認申請をして新築住宅として建替えるのは無理なので、大規模なリフォームでお願いしたいと当初ご相談いただきました。   *防火地域…特に住宅密集地における火事対策を講じる地区として指定されている。延面積が100㎡を超える建築物については耐火建築物とすることが義務づけられている。   新築建替えを検討した場合、再建築不可物件*など様々なケースが考えられますので、どんな土地でもあきらめずに、ぜひ相談してください。限られた条件の中で最善のご提案をさせていただきます。   コンサルティングからデザイン・設計・施工までお客様のオンリーワン住宅作りをお手伝いいたします。 アルファリンクスでは、デザイン力×安心の品質×スピーディに対応いたします。 まずは、お気軽にお問い合わせください。注文住宅の詳細はこちら。     再建築不可物件*…主に現行の建築基準法第42条にある接道義務を果たしていない物件。接道義務とは、都市計画区域と準都市計画区域内において、建築物の敷地が道路に2m(ないし3m)以上接しなければならないとする義務。   株式会社アルファリンクス 本社 〒176-0021 東京都練馬区貫井2-1-3 TEL 03-3577-573 当社Facebookはこちら http://bit.ly/24tReuk 編集担当:スタッフI  

ホスクリーンイメージ
2016年08月04日

【便利グッズ】ゲリラ豪雨でも安心!室内用物干し「ホスクリーン」

こんにちは。長かった梅雨も明け、真夏日が続いていますね。こんなに天気が良いと、日に何回も洗濯をまわしたくなってしまうスタッフIです。しかし、夕立やゲリラ豪雨の心配もあり、洗濯を干したまま外出するのはちょっと不安になることも。   今日は、そんな悩みを解決してくれる室内用物干し「ホスクリーン」をご紹介します。室内干しを「もっと便利に」「もっとスマート」の声から生まれた「ホスクリーン」は、使わない時は吊りポールを取り外せるので生活空間の邪魔にならず、使う時はしっかり役に立ちます。あらかじめ天井に取り付けた円形パーツに輪のついたポールを差し込むだけで簡単に物干竿を設置できます。   ◇ホスクリーンの特長◇ 1.手軽にワンタッチ着脱&ロック機能      2.天井高にあわせてサイズ(長さ)を選択。                               さらに使いやすい高さに3段階調整が可能                                                     3.天井を守る2重の機能  -スプリング                            -荷重目安ガイド       簡単にポールが取外しできるので、お部屋のイメージをそのままに室内に物干し竿を設置できるのは嬉しいですね。天候が不安定な時期・花粉の季節も安心して洗濯物を干せる「ホスクリーン」は主婦の味方です!   ~実際に自宅で使用している弊社スタッフの感想~ 自宅のリフォームをしたときに、リビングの窓側に2本設置し、物干竿を通して使用しています。天気が良い日はベランダに干しますが、急な雨でもすぐに室内に移動できとても便利です。また、簡単に取り外すことが出来るので、来客時などは押入れにしまってしまえば、すっきりさせることが出来ます。かなり便利に使っているので、今ではリビングの続き部屋にも取り付けたいと思っています。本当に便利な商品なので、リフォームプランを提案時にお客様にお勧めしています。(設計室H)   弊社アルファリンクスは、ホスクリーンの施工工事を承っております。ぜひお気軽にご相談ください   「室内用ホスクリーン スポット型」の詳しい情報はこちら。川口技研さんのウェブへ。     株式会社 アルファリンクス 本社 〒176-0021 東京都練馬区貫井2-1-3 TEL 03-3577-5735 当社Facebookはこちら http://bit.ly/24tReuk 編集担当:スタッフI…

2016年08月01日

【生活のアイデア】人生のウィッシュリスト100

こんにちは。皆さんは、「ウィッシュリスト」という言葉を聞いたことがありますか。英語表記で 「Wish List」 文字通り、願い事・欲しいものリストの意味です。元プロテニスプレーヤー杉山愛さんの著書「杉山愛の“ウィッシュリスト100” 願いを叶える、笑顔になる方法」の中で「ウィッシュリスト」の効果について、リストの作成から実現、そして将来の希望までご自身の経験をもとに紹介しています。リスト作成のコツは、「ワクワク」「楽しい」と思えることが大切だそうです🎵そうすれば、リストを考える時間やリストを見ている時間も楽しみになりますよね!また自分自身と向き合うことで、「人生の方向性」と自分を知るという効果が得られたそうです。   最近、私の願いが一つ叶いました。8年前の入居時には資金不足で実現できなかったキッチン収納!弊社の営業に相談したところ、予算に合ったメーカーを提案してもらい、ショールームを見学、内装に合ったカップボードを設置しました。それまでは、ハンガーラックとして使用していたメタルラックに家電を置き、長年代用していました。。   収納量が1.5倍に増え、手持ちの食器もすっきり納まりました。北欧風のシンプルなキッチンにしたかったので、IKEAで収納アクセサリーを購入し、吊戸棚とワークトップとのバランンスを見ながら設置しました。   ◇今回採用したシステムキッチン:ラクエラシリーズはこちら。クリナップさんのウェブへ。 ◇IKEAのキッチン収納アクセサリーはこちら。IKEAさんのウェブへ。       ◇キッチン収納のアイデア◇ 天井まで続く吊戸棚は女性には少し使いづらいですよね。 そこで活躍するのは、取手付きの収納ボックス!我が家では、弁当グッズ・乾物・保存食・消耗品・レトルト食品・キッチングッズの6個に分けています。半透明なので、中身も一目で分かりますよ🎵実は、クリナップさんのショールームを見学した際に教えていただいた収納術なのです。   クリナップのショールームでは、水廻りリフォーム提案の他、収納術のセミナーやお料理教室など、食と住のイベントを開催しています。お気軽に足を運んでみてくださいね。   ◇クリナップ ショールームのイベント情報はこちら。クリナップさんのウェブへ。   いつか○○したい、と内に秘めていた願い(そして忘れてしまうことも)をリスト化することで潜在意識に刻まれ、叶えるための一歩になるかもしれません。その為に楽しみながら情報を集め、より豊かな時間を過ごしたいと思わされる1冊でしたJ皆さんも「人生のウィッシュリスト100」を作成してみてはいかがでしょうか。   ◇杉山愛さんの著書「杉山愛の“ウィッシュリスト100” の詳細はこちら。アマゾンのウェブへ   株式会社 アルファリンクス 本社 〒176-0021 東京都練馬区貫井2-1-3 TEL 03-3577-5735 当社Facebookはこちら http://bit.ly/24tReuk 編集担当:スタッフI      

$logo_alt
2016年07月26日

【耐震診断の知識】耐震診断って何?其の1

こんにちは。最近、関東地域を震源とした地震が続いていますね。 大きな地震に備えて、今できることを考えてみましょう。   皆さんは、年に一度は健康診断を受けていますか。 定期的に健康状態を知ることで健康の維持・改善をすることができますよね。 それと同じで「家の状態」を知ることで、大きな地震に備え、適切な耐震対策をすることができます。 最近では、大手ハウスメーカーさんをはじめ、各自治体も「耐震診断」を薦めていますね。   それでは、「耐震診断」とは何をするのでしょうか。 専門家に依頼する耐震診断は2種類あります。 一つ目は、設計士または建設関係者が実施する「一般診断」です。 建物の構造や築年数、屋根の情報などの概要の確認と、外壁材、接合部、床の仕様といった建物の基本的な情報を確認し、耐震改修の必要性の判定を目的としています。 自治体主導で実施している無料耐震診断は、この一般診断にあたります。 (弊社アルファリンクスでも無料で実施していますよ) そして、高度な知識・経験を有する建築士などの専門家が実施する「精密診断」です。 こちらは、改修の必要性が高く、かつ建替えのできない建物(寺社仏閣や重要文化財など)に対して、部材やそれらの接合部等に関するより詳細な情報に基づき、耐震設計の方向性を決定することを目的としています。   一般住宅では、前者の「一般診断」後に「耐震設計」を行い、「耐震工事」を実施します。 まずは、耐震対策の第一歩として「家の状態を知る」ために、「一般診断」による無料耐震診断をオススメします。   次回は、無料耐震診断の申込から実際の診断作業、そして耐震診断書の読み方、耐震補強のアドバイスなど具体的にご説明します。   参考:東京都耐震ポータルサイトはこちら。   株式会社 アルファリンクス 本社 〒176-0021 東京都練馬区貫井2-1-3 TEL 03-3577-5735 当社Facebookはこちら http://bit.ly/24tReuk 編集担当:スタッフI